前へ
次へ

外構工事の流れを理解しよう

外構工事を業者へ依頼する場合、その流れとしてまずは業者とコンタクトを取るところから始まります。電話もしくはメールで業者とコンタクトを取って、打ち合わせを行なう日取りを決めます。そして打ち合わせ日において業者のスタッフとどのような外構工事を行なうのかなどについてすり合わせを行ないます。このすり合わせが終わったら、業者から見積金額が提示されますので、その内容に問題がないかどうかを確認します。見積内容に問題がなければ、正式にその業者と契約を締結します。契約締結後、施工日を決めて、実際の施工に取りかかります。施工期間中は現場監督の指揮の下、慎重かつ的確に施工が行なわれます。なお、工期は施工内容や規模などによって異なりますが、概ね数日から数週間程度です。すべての施工が完了したら、施主による現場確認が行なわれ、問題なければ工事が完了となります。完了後、工事の代金額を業者へ支払います。なお、支払いについては、契約締結時において前払いで支払う場合もあります。

Page Top